愛車の性能を高める効果的なものを知る

車検の種類や期間

車検を受ける頻度は所有している車の種類で違う?

自動車を所有していると様々な費用が掛かります。毎年支払う税金の他に大きな出費となるのが車検です。車検は自動車を所有している間は必ず通さなければならないものです。自動車の種類によって頻度が違ってくるので、これから購入することを検討している方はあらかじめ確認しておくといいでしょう。 自家用乗用車や自家用軽自動車の場合は三年と二年の二種類があります。新車で購入すると初回だけが三年後となり、二回目からは二年ごとに一回車検を受けなければなりません。貨物自動車の場合は初回が二年で二回目からが一年ごとになります。バスやタクシーのような乗客を乗せる自動車は、毎年車検を通す必要があります。普段走行している時に見つけられない異常でも車検で見つけることができます。

車検の際に支払う費用の相場と内訳

車を持っていると定期的に車検を受けなければなりません。車検の期間は一年から三年までありますが、費用は車の種類によって異なります。軽自動車なら若干安く済ませることができますが、法定費用だけでも三万円台になります。大型乗用車をお持ちの方は法定費用で七万円程となり、軽自動車の倍の費用が掛かります。 車検の際の法定費用とは、自賠責保険と重量税、印紙代を合わせた料金です。自賠責保険は任意の自動車保険とは違って料金が決まっているため、どこで手続きしても同じ金額になります。知り合いに保険会社の人がいれば車検とは別で手続きしても構いません。重量税に関しては車種によって減税の対象になることもあります。車検を受ける時は見積り額を確認しましょう。